最近の記事
header_logo.GIF

英語・インド進出ならお任せ下さい。

2011年08月19日

日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011参加者募集

http://www.indiajapansummit.org/jp/

日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011は、インドと日本の各界リー
ダーたちが、ポジティブな雰囲気の中で、「日印戦略的グローバル・パートナー
シップ」に描かれている「マクロビジョン(大目標)」を達成するための「マイ
クロロードマップ(着実な行動計画)」を進展させるために活発な交流を図るこ
とを目的とした国際会議です。本サミットは、インドは日本のために何ができる
か、日本がインドのために何ができるか、そして日本とインドはお互いのグロー
バルパートナーたちと共にアジアのために何ができるか、という視点で、両国の
明確なロードマップ作っていくための非常に有意義な機会を提供できると考えて
おります。日本とインドが一心同体(英語で言えばTogether we can)になるこ
とにより、両国がお互いの将来をつくりあげ、そしてアジアの将来が見えてくる
のではないでしょうか。両国の断続的な関係を考え、サミットは、二年に一度イ
ンドと日本で交互に開催いたします。この歴史的サミットへ、参加、サポート何
らかの形で貢献していただきたく、一人でも多くの方々にご参加、ご協力いただ
けますことを心よりお待ち申し上げております。

◆日  時:2011年9月5日(月)〜7日(水)

◆会  場:ザ・プリンスパークタワー東京
(東京都港区芝公園4-8-1)

◆内  容:基調講演、各種フォーラム、展示スペース、コネクションパーティー、
      等

◆主  催:NPO法人インドセンター、
     「日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011」実行委員会

◆パートナー:CII(インド工業連盟)、Deloitte、USINDIA、
 Haryana State Govt.、Delhi State Govt.、Perfect Relations、
 Guruvantage、merinews、ANI、CYBERMEDIA、CMAI、ink、
新日本有限責任監査法人、新日本パブリック・アフェアーズ、共同通信社、他


◆後 援:総務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、
      経済産業省、国土交通省、日本経済団体連合会、日本商工会議所、
経済同友会、東京都、日本貿易振興機構、他

◆特別協賛:セガサミーグループ、リライアンス・インダストリーズ、IL&FS、
ICICI銀行、他

◆協 賛:キョーリン製薬ホールディングス、他

◆申込方法・参加費
http://www.indiajapansummit.org/jp/online_registration1/index.html
上記URL「登録とお問い合わせ先」をご参照下さい。

<<お問い合わせ先>>
日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011」実行委員会事務局
TEL:03-6441-6996 FAX:03-6441-6997
E-mail:icontacctjp@secretariat.ne.jp
http://www.indiajapansummit.org/jp/
posted by Mark at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック